コラム

記者会見 一部内容訂正について

2017年3月3日 記者会見資料

豊洲時系列表_170303(配布資料).pdf

全編映像資料(2008年から2010年の定例記者関係における発言の一部)

(1)移転経緯について

先ず、築地から豊洲への移転が決まった経緯についてお話しします。私の都知事在任中に、豊洲移転に向けて、事業が大きく進んだことは間違 いありません。 しかしながら、99年4月に私が都知事に就任する10年以上も前の 86年に築地市場の現地再整備の方針が決定され、90年代前半に工事に 着手し、数百億円が支出されたにもかかわらず、頓挫したという経緯と、こ れによって東京都の幹部や市場関係者らが築地市場の限界を認めざるを得 なくなったという経緯がございます。すなわち、決して、初めから移転あり きで話が進められたものではなく、築地市場の操業を止めずに現地再整備 することが極めて困難で、暗礁に乗り上げたために、移転やむなしとなった わけです。 その後、移転先候補地を調査する中で、1995年には、有力な候補地として豊洲地区の名前が挙がるようになり、遅くとも1998年の時点では、 市場関係者の団体の過半が、豊洲地区を念頭に、移転推進の意見を取りまと めるに至っていたようです。 その後の1999年4月、私が都知事に就任して、早々に、豊洲という土 地への移転は既定の路線であるような話を担当の福永副知事から聞いた記憶です。 


(2)土地売買の経緯

次に、ここで東京ガスとの用地取得交渉の経緯について、お話しします。 報道によれば、東京都は、遅くとも、私が知事に就任する前年、 1998年の8月には豊洲地区の東京ガスの所有地の調査に着手しており、 同年9月には東京ガス本社を訪問し、説明したようです。 少なくとも、私の記憶の限りでは、東京都の関係部局が、豊洲地区以外の 候補地の地権者と具体的な協議をした報告を受けたことはありません。つ まり、私が知事に就任する以前から、東京都の関係部局では、「豊洲地区以 外に移転先の適当な候補地がない」との考えで一貫していたものと思いま す。 東京ガスとの具体的な交渉は、私の知事就任後は、まずは福永副知事、そ の後、2000年10月以降は濵渦副知事に、担当してもらいました。濵渦 氏から、交渉の細かな経緯について逐一報告は受けていませんでしたから、 私には詳細はわかりませんでしたが、こんなような話を進めているといっ た大まかな報告は受けていたのかもしれません。
最終的に、2011年3月31日に至って、東京ガスらとの間で、土地の 売買契約を締結しました。譲渡価格が妥当かどうかは、専門家に鑑定してい ただき、外部専門家が委員となっている都の財産価格審議会の意見も得て いたということですから、妥当であったものと思います。 また、売買契約の際の土壌汚染対策費用の扱いについて、現在、問題提起 がなされていますが、私は、詳細な契約文言について法律的判断をする知見 はありませんし,具体的な記憶はありません。ただ、時系列表をご確認いた だけばわかるとおり、売買契約以前に、東京ガスが当時の法令に従って必要 な土壌汚染対策を実施済みであり、東京都は、それを検査・確認していまし た。その範囲を超えて、法令が要求する水準以上の安心のための土壌汚染対 策については、東京都が相当程度の費用負担をすることも、十分あり得るこ とと思います。現に、都議会にも、土壌汚染対策費用の予算をお認めいただ いていたところです。 その上、最近見せてもらった契約書等の資料によれば,売買契約の際、東 京ガスには、78億円の追加負担をいただいたようです。


(3)豊洲市場の土壌汚染対策と建物下に盛り土が行われなかった経緯

土壌汚染対策の問題については、関係者は誰しもその必要性を分かって いたことですから、当然、用地取得交渉の過程で協議されていたはずですが、 専門的・技術的な事柄ですから、それらの知見を有する都の関係部局が検討 しており、私が具体的に判断した記憶はありません。 今般、確認したところによれば、都と東京ガスとの間では、土壌汚染対策 に関して、 「2002(平成14)年」及び「2005(平成17)年」に 合意を取り交わしており、都の環境確保条例に基づく対策、さらに、それ以 上の追加対策を、東京ガスの責任で実施いただくことを合意したようです。 その後、東京ガスは、2007(平成19)年4月までに、これら対策を実 施し、東京都環境局において、その完了を確認していたようです。 それでも豊洲用地の土壌汚染を懸念する声があったことから、万全を期 するため、同月、 「土壌汚染対策等に関する専門家会議」が設置され、安全 性の調査・検討をしていただいたところ、一部の地点から、環境基準を大幅 に超える高濃度の汚染が検出されたようです。 さらに、同専門家会議による調査結果及び報告書における土壌汚染対策 追加実施の提言を受けて、2008(平成20)年8月、「土壌汚染対策工 事に関する技術会議」が設置されました。同技術会議は、2次にわたって報 告書を公表しましたが、その結論は、一定の技術的対策を講ずれば、豊洲用 地の土壌汚染問題を克服できるという内容でした。つまり、同技術会議は、その時点における土壌汚染の状況を前提としても、豊洲新市場への移転は 可能であると判断したことになります。 私は、自分自身に技術的知見はありませんし、お配りした時系列表に記載 された細かな経緯についての記憶はありませんが、このような専門家会議 や技術会議の判断を踏まえて、政治家として、長年の築地市場問題を解決す べく、豊洲新市場への移転を政治判断し、2010(平成22)年 1 0月22日、その旨、記者会見で発表しました。 都知事就任から、2011年3月31日に土地の売買契約を締結するま でに、関係部局の職員らから私に対する豊洲移転についての報告の中で、土 壌汚染に言及されたことは、何度もあったものと思いますが、基本的には、 日本の技術で処理可能であると説明を受けていたと認識しています。 私は、実際、土壌汚染が処理できないということであれば、豊洲へ移転で きないし、無理に土地を購入すべきではないと認識していて、2009(平 成21)年12月には、メディアの取材に対して、そのような発言をしたこ ともありました。
次に、建物下に盛り土が行われなかった経緯については、私には何も記 憶がありません。この点は、小池知事のもとで、「調査特別チーム」が2 次にわたって詳細な調査をされましたが、私に報告がされた事実はなかっ たことを確認いただいたものと理解しています。私が平成20年5月30 日に記者会見で「新しい工法(空洞のコンクリートの箱を埋める案)につ いて指示した」と発言したことについても、地下空間の問題とは無関係で あったとの調査結果が公表されていますので、その資料をご確認いただき たいと思います。


以上

歴史の蓋然性について ー白人世界支配は終わったー

  安倍総理の中東訪問にあてつけてかシリアのイスラム国が日本人二人をついに殺害する事件が起こり大騒ぎになっていますが、この所相次いでのイスラム系のテロ事件が起こる度に世界中が戦々恐々としての騒ぎですけれどこうした事件を非難したりその是非を論じたりする前に、何か大事な根底的なものについての認識といおうか反省がかけているような気がしてなりません。

 誤解を招かぬために前言しておきますが、私はたまたまワシントンに滞在中間近に目にした9・11のニューヨークの貿易センタービル破壊やその前日私自身が出かけて、横田基地を取り戻すための交渉でウォルフォウイッツ国防副長官と面談議論したペンタゴンがホテルの目の前で炎上するのを目にした連続テロに始まる「イスラム国」を含めての中東やアフリカにおけるイスラム系の残酷で非人道的なテロに共感する者では全くありません。しかし今回のパリにおける新聞社襲撃等が続く無残なテロ勃発の度極時的に起こる非難の中に根底的に欠落しているものがあるような気がしてならない。つまりああしたテロを敢えて行う彼らの行動の根底にある衝動の歴史的蓋然性は否定できないと思います。

 それはこれらの事件が人間が文化を保有し更に加えていくつかの宗教を派生させてきた長い歴史の流れの中のいかなる時点で勃発したかということを見定める大きな視点の欠如の問題だと思います。

 ナイジェリアで多数の女子を誘拐し奴隷化するなどと宣言したテロ団の指導者が最後にカメラに向かって銃をふりかざしわめいていた、「我々はキリスト文明の全てを破壊するのだ」という宣言には実は極めて重い歴史的な意味合いがあるような気がします。かつてニーチェは「西欧における神は死んだ」と言いましたが、その神をこそ彼らは今改めて殺してやるとわめいているのです。しかし大それたその宣言の背景には実は重く長い歴史的蓋然性があることを忘れてはこの問題への正しい対処は有り得ないと思います。哲学者のヘーゲルは「歴史は他の何にもましての現実だ」と説きましたが、キリスト教文明とイスラム教文明との相克は今に始まったことではなしに実ははるか遠く紀元二世紀においてもサラセン帝国とキリスト教圏との激しい衝突に始まり、中世の十字軍騒動以来実は今日まで延々と続いているのです。

 暗黒の時代といわれた中世紀には主にはヨーロッパが獲得した三つの新しい技術、火薬、印刷術、そしてアラブ人から伝授された大洋を渡る航海技術によって終焉しました。新しい文明の所産である新しい技術が古い文明を駆逐してしまうという歴史の力学を世界中で展開したのです。その典型はスペイン人が持ち込んだわずか三丁の鉄砲があの古くて由緒あるインカ大帝国をあっという間に滅してしまったという歴史の悲劇にうかがえます。そしてその悲劇はイスラム教徒を含む他の殆どの有色民族に及んだのです。

 それこそが中世紀以後人間の歴史の本流の姿に他なりません。

 つまり中世期以後の歴史の本流はキリスト教圏の白人、つまりヨーロッパの白人による、他のほとんど全ての有色人種の土地への一方的な侵略と植民地化と収奪による白人の繁栄の歴史でした。アフリカや中東、或いは東南アジアの全ての地域は西欧諸国の進出によって国境は区分され植民地化され一方的な隷属を強いられてきたのです。それはまぎれもない事実であり歴史における現実でした。

 バチカンに関する資料にもありますが過去のある時点でキリスト教の本山のバチカンで白人以外の有色人種は人間か動物かという議論が本気でなされたとこもある。ある法王は彼等がキリスト教に改めたら人間とみなすと宣言したそうな。またある法王は世界中の未開地を白人の領地として線引きしました。それによるとこの日本は近畿地方から北はスペイン南の部分はポルトガルのものとすると勝手に国境の線引をしています。白人の奢りもいいとこだ。

 今日声高に人権と民主主義を説いているアメリカもまたあの厖大なアメリカ大陸を、原住民だったアメリカインディアンを殺戮駆逐することで領有し国家として成立したのです。アメリカ大陸の東西を結ぶ大陸横断鉄道は白人たちが一方的に拉致してきて鉄道建設のために働かせた厖大な数のシナ人奴隷によって建設されたのです。

 ちなみにこの世界の中でもっとも長く最近まで黒人の奴隷制度を保持してきたのはアメリカに他ならない。その余韻は今でも頻発する黒人に対する白人警察官の発砲殺戮事件として続いている。

 近世において近代国家として再生した日本はその中での希有なる例外だったが、日本もまた、敗戦後の日本を統治解体したマッカーサーが、退任後アメリカ議会で証言したようにあくまで自衛のための手段として西欧の列強を真似して軍国化して植民地支配に乗り出さざるを得なかったのです。そうした歴史の流れのもたらした必然を無視して植民地支配と等質の論拠で戦後に行われた東京裁判での日本の近代化を非難する歴史観を踏襲した村山談話なるものを日本の政府が今さらに肯定しに踏襲するというのは歴史の流れという大きな現実を無視した無知の露呈といわざるを得ない。まして河野談話をです。

 起こした戦争を含めて有色人種の中で唯一の近代国家としての日本の誕生と存在は世界史の流れに逆らって大きな引き金を引いたのです。

 視点を現実に起こっているイスラム系のテロに向け直せば中世以後のアラブ地域やアフリカが強いられ被った歴史を見直せば、彼等が今改めて西欧の神を殺すと宣言して憚らぬ所以の歴史的な蓋然性に気づくべきに違いない。パリの新聞社に向けられたテロについてのヨーロッパ挙げての強い非難の論拠にフランスがかつての革命で手にして国是として掲げている「自由、博愛、平等」を踏まえるのは妥当としても、かつて植民地として支配したアルジェリアや他のアフリカや中東のイスラム圏でそれらの国是がはたして同じ人間のイスラム教徒に保証されていたかどうかは、あのドゴールさえが手を焼いたアルジェリアを巡る紛争を振り返れば自明のことです。

 世界中を大きな不安に貶めているイスラム系のテロに冷静に対処するためには、あれらの暴力行為の歴史的蓋然性について自覚することこそが何よりも肝要に違いない。

 要約すれば数世紀続いてきた白人の世界支配はヨーロッパの衰退と混乱が暗示しているようにようやく終わろうとしているのです。その今、新しい大規模な宗教戦争が始まろうとしているのです。それはかつてハンティントンが予言した文明の衝突以外のなにものでもありません。

 

御挨拶

 この度今回の選挙をもって政界から引退することに致しました。見回して見ると私も現在の国会議員の中での最高齢者になっておりました。
 参議院の全国区に当選して以来衆議院を経て東京の都知事を勤めて今日まで五十年余り、皆様のお陰で大過なくすごしてくる事ができました。皆様には折節に励まされお叱りもいただいたものです。それを振り返ってみると人生の中での人との出会いの不思議さ、有難さをしみじみ感じさせられます。改めて心より御礼させていただきます。
 今後は執筆などを通じて発言しこの国を支えていくために微力を尽くしていくつもりでおります。
 見回して見ると世界の中で今の日本ほど危うい立ち位置におかれている国はないような気がしてなりません。私も七人の孫がおりますが、彼らが大人になる頃この日本はいったいどんな事になっているのかが心配でなりません。
 ことは経済だけの問題だけではありますまい。他力本願で贅沢を当たり前のこととするような心の甘えを払拭していかないとこの国は立っていけないのではないでしょうか。
 こんな今になってみると、明治の先覚者福沢諭吉が言い残した『立国は公にあらず、私なり。独立の心無き者、国を思うこと深切ならず』という言葉を改めて噛みしめたいものです。私も今後も深切にこの国を思っていきたいと思います。

 最後に改めて、長きにわたっての皆様からの御厚情に心から感謝申し上げます。本当に、本当に有難うございました。

平成二十六年十二月吉日

石原 慎太郎

新党「次世代の党」。

 
「次世代の党」

50年、100年先の話じゃなく、現実貧富の格差は非常に生じてきたし、それから若い諸君が結婚できない。自分の人生というものの選択を非常にせばめられている。

こういった人たちをいかに救済いていくか。若い人たちに、将来に人生に期待を持てるかという形に直していくかということは、私たち共通の大きな責任だと思います。        

---------------------------------------------------------------------------------------


新党参加国会議員(五十音順)


【衆議院】

石原慎太郎、今村洋史、上野ひろし、坂元大輔、桜内文城、杉田水脈

園田博之、田沼隆志、中田宏、中丸啓、中山成彬、西田譲、西野弘一

平沼赳夫、藤井孝男、松田学、三宅博、宮沢隆仁、山田宏

 

【参議院】

アントニオ猪木、中野正志、中山恭子

                                   

↑ページの先頭に戻る